活動報告『IN 熊本益城町』


昨日、お休みを利用して、兼ねてからお誘い頂いていた熊本へ、

行ってきました。

以前からお客様としていつもご来店いただいている佑海さん。

熊本震災後、ハンドマッサージや子供たちへ読み聞かせや

ビーズなどを使ったワークショップで心と体のケアをしたい!と、ツキイチで

通われています。

私もいつか一緒に活動したいと思っていて、今回私のサロンの定休日に合わせて

段取りしてくださり、ご一緒することができました!

震災当初に比べ、水や食料は復旧していき、緊急事態は避けられているものの、

まだまだ避難所生活、テント生活、車中泊の方はいらっしゃいます。

しかも当時と違うのはこの暑さ。

日中は35度を上回ることもしばしばで、テントの中だと熱中症になったりと、

また違った問題もでてきています。

仮設住宅ももうすぐ完成ですが、皆が皆、入所できるわけではないし。

お金の補助の問題や、心のケアなど、見えない部分の問題はまだまだ山積みでした。

もっとそういう部分もメディアで取り上げるべきではないかなと、感じました。

今回私がお邪魔したのは、ゲランメッセ熊本で個人でボランティアに入られてる看護師さん。